トップページ ▶ はじめての方へ ▶ よくある質問 ▶ 会員登録 ▶ ログイン ▶ お気に入り
ホーム > 住宅会社一覧 > Ayami建築工房

女性建築士が提案する理想の住まい

心地よい空間とは十人十色。 個々に話を聞かないかぎり理想の住まいは創れない。 女性建築士の石川社長はお客様のライフスタイル要望などをよく聞いた上で、女性目線での極め細やかな提案ができる。 女性だから感じる住まいの「動線」、女性だから分かる「細かい気遣いのできる家」、綿密な打ち合せで思いを共有し、 一緒に楽しみながら理想の住まいを創る!!

収納、整理整頓、インテリアまで

整理収納アドバイザーとインテリアコーディネーターの資格をもち、 忙しいママ達のイライラを解消。ママにとっての心強い味方である。 収納の悩みや、いままで整理整頓が不得意だった方も 石川社長の助言で、悩みを一緒に解決してくれる。 また、お部屋のインテリアは非常に重要。幅広い商品知識を持ち、 インテリア計画や商品選択のアドバイスもしてくれる。

「省エネ、エコ」な家づくり

地球温暖化が世界的な大きな問題となっている近年、 これからの家づくりにおいて重要なテーマのひとつが省エネ。 エネルギー消費の低減に向けた社会的ニーズが高まる中、政府は住宅の新しい省エネの基準の義務化を2020年に予定している。 省エネ性能の向上は、私たち生活者にとっても光熱費の削減などメリットも大きい。『Ayami建築工房』は太陽、風、通気、換気、土地の状況、補助金制度など、様々な角度から各家庭にとっての最適な省エネ計画を立ててくれる。

お客様に伝えたいこと

可変性のある子育て住宅を提案する

ひと昔前では子供ひとりに一部屋というのがステータスであったが、現代においては必ずしもそうではなくなった。幼少期、少年期は家族とのコミュニケーションをとる為にオープンな間取りにし、青年期になったら間仕切りをする、成人されて空室になったら、書斎部屋や趣味のスペースにするなど、可変性のある無駄のない家づくりを提案する。

震度7の連続地震は耐震強度1.5倍必要

熊本地震のような2回の震度7の地震に建物が耐えるためには、現行の耐震基準より5割増の強度が必要になることが、京都大工学研究科の竹脇出教授(建築構造学)の研究グループの解析で分かった。1回の震度6強~7の地震に耐えることしか想定していない現基準の建物では、立て続けに震度7級の大きな揺れに襲われると倒壊の危険性があるという。『Ayami建築工房』は今後、耐震基準1,5倍の家づくりを目指すという。

イエラヴィから

「想い」と「夢」を「カタチ」にする

女性建築士ならではの視点から、どうすれば家事がしやすくなるか、 家族の団らんの時間の時間を増やせるかなど、 お客様の希望を叶えるべく奮闘してくれます。 極め細やかな対応をし、優しい家づくりをしてくれる工務店です。

企業紹介ドウガ
会社情報
評価
 4.6   
口コミ 5件
平均坪価格 50~60万円
施工事例 3件
施工エリア 静岡市清水区、富士宮市、富士市、御殿場市、沼津市、三島市、長泉町、清水町、裾野市
施工事例
口コミを投稿する 資料請求する
住宅会社一覧へ
このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社アプライズに帰属します。
Copyright© 2014-2016 IELAVIE. All Rights Reserved.
ページトップへ